ファッション

【レビュー】10YCのスウェットを購入してみた!【ミニマリストおすすめ】

10YCのスウェット が着心地最高!

10YC(テンワイシー)というファッションブランドをご存知でしょうか?

10 years clothingの略で10年後も着たいな、と思える服づくりをしているブランドで
このコンセプトにすごーーーく興味を惹かれた僕はこのブランドの名作であるスウェットシャツを購入してみましたのでレビューしていきたいと思います。

先に言っておくと、めちゃくちゃ良いアイテムかつコンセプトも素晴らしくて、これからもお世話になりたいブランドだと感じました!

10YCについて

冒頭でもお話しましたが、10YCは10年後も着続けたいと思えるような服づくりをしています。そのための取り組みはまず品質にあり、毎日着るものは着心地や耐久性、手入れのしやすさが重要だとしてそれらを追求しています。
それだけでは他のブランドでもあることだと思いますが、10YCでは長年着続けた服の染め直しサービスなど普通ではこれからもう着ない服を更に着ることができるようなこともしています。アパレル業界は服の大量生産、大量廃棄という現状の世の中で一着の服を長く着ることを推奨する姿勢は斬新だと感じます。
新しい取り組みも積極的に行なっているブランドですので興味が絶えません。ぜひチェックしてみてください。

取り扱っているアイテムは白シャツ、Tシャツ、スウェット、ブルゾンなどベーシックなものが多く、シンプルで誰でも合わせやすいものになっています。ブランドのコンセプトも相まってミニマリストにぴったりだと感じています。

10YC公式サイト

10YCのスウェットシャツ

今回、購入したスウェットはこちらです。

10yc ミニマリスト レビュー スウェット

いたってベーシックなスウェットですが実際に手にとってみると、手触りがいままでのスウェットとまったく違うことに気づきます。また生地が良いためかシンプルなスウェットなのにどこか上品さを感じます。

10yc ミニマリスト レビュー スウェット

首元はしっかり作られていて洗濯してもよれないようにしてあるそうです。10YCのプリントが可愛いですね。

10yc ミニマリスト レビュー スウェット 10yc ミニマリスト レビュー スウェット

袖周り、裾周りもしっかりつくられております。ちなみに長年着ていて傷んでしまったり、ヨレヨレになった場合、10YCでリブ交換できるサービスがあります。

10yc ミニマリスト レビュー スウェット

裏地ですが、これが本当に肌触りが抜群です。これは国内でも数台しかない吊り編み機を使用して、空気を含ませながら生地を編むことによってこの風合いをだしているそうです。

10yc ミニマリスト レビュー スウェット

左側の裏地に10YCのプリントがあります。そういえば着ている状態で10YCだとわかるブランドロゴはありませんね。

着心地

10YCの作るアイテムは着心地にこだわっているようですが、それは着てみた瞬間にわかりました。生地の裏側がフワッフワで滑らかで、明らかに普通のスウェットとは違います。

また洗濯しても硬くなったりせず、柔らかさは変わりません。長く着続けてもらいたいという意図が表れていますね。

シルエット

シルエットはタイトでもなくビッグでもなく丁度いいものになっています。これはトレンドに左右されず長く着れることを前提にしているそうです。
確かに今はビッグシルエットが流行りですが、トレンドの移り変わりはいつかありますのでベーシックなシルエットは重宝しますね。

価格

価格に関しては少しお高めですがそれも納得の品質です。ちなみにサイズによっても価格が違います。普通のブランドだとサイズは違くても価格は一緒ですが、10YCでは製造コストを公式サイトの販売ページで謳ってあり、生地や縫製コストも明記されているためサイズごとに価格がちがってくるわけです。

ABOUT ME
ぷーじ
ぷーじ
筋トレ大好きでミニマリストな29歳です。 革やデニムなどの一生モノ、筋トレに役立つ情報を紹介しています。